当サイトの記事には、アフィリエイト広告が含まれる場合があります

【美容ヲタクに仲間入り?】洗顔後のふき取りにペーパータオルを使うことのメリット

beauty

洗顔方法を見直してマイナス5歳肌を目指しています。

ところでみなさん、洗顔後は何で顔を拭いていますか?

「タオル」と答える方が大半かと思います。

そしてそのタオルは、布でしょうか?それとも、ペーパーでしょうか?

ペーパーって?ティッシュペーパーのこと?

わたしはつい最近、顔のふき取りのための「クレンジングタオル」という商品があることを知りました。

発見した時は「使わないという選択はない!」と、すぐに購入しました。

その後、ニトリやドンキでもオリジナルの製品が販売されているのに気がつきました。

きっと、愛用されている方は増えているのでしょうね。

ぜひ、多くの方に使っていただけるとうれしいので、洗顔後のふき取りを、そのペーパータオル(クレンジングタオル)に換えた理由と、換えてよかったことをまとめてみました。

実際、洗顔後に布タオルで顔を拭くことはもうやめました。

そのくらい、満足しています。

どうしてもっと早く気が付かなかったのか、と少し悔やむくらいです。

スキンケア

顔を拭くのにペーパータオルがいいと気がついたきっかけ

これまでは何の疑問も持たず、洗顔後は布のタオルで拭いていました。

ところが、洗顔方法を見直すことで肌に対する関心が大きくなったら、ある日とつぜん、気が付いたのです。

洗顔後の肌に余分なものが付いている、と。

洗顔後にスキンケアしていると、指と皮膚の間に「何か」ある感じがぬぐえなくなりました。

それは、どうやら、タオルの繊維ではないか、と。

そうだとすると、極端な話、美容液をのばしながら、糸を顔にこすり付けているわけです。

そんな感触がいやになって洗顔方法をさらに見直しているうちに、洗顔後のふき取りのために使い捨てのペーパータオル(クレンジングタオル)が存在しているのを発見したのです。

いったい、いつから売り場にあったのでしょうか、いままで全く気がつきませんでした。

知ったときは、まさに、目からウロコでした。

売り場のPOPには「美容ヲタクに!」などとあるから、わたしも今日から仲間入りできるかと期待してすぐに2種類購入し、その日から使い始めました。

ペーパータオルにしてよかったこと(メリット)

ペーパータオルで顔を拭く

メリットを一言で表すなら、「ストレスフリー」です。

もう少し具体的に言うと、次のとおりです。

  • 繊維が顔に残らなくなった
  • 常に清潔に顔を拭くことができる
  • タオルを洗濯する量が減った
  • 美容に気を使っているという自己満足感が得られる
  • ついでに、洗面周りの拭き掃除ができる

ペーパータオルにしてよくなかったこと(デメリット)

なし、と言いたいところですが、コストが多少かかります。

ごみが、多少増えます。

ほかには、デメリットは今のところ思いつきません。

初めて使ったペーパータオル

予備知識なく、初めて買ったペーパータオルは、この2種類です。

どちらもふき取り力抜群で、安心感のある吸収力です。

使い心地もそう変わりなく、どちらも肌触りがいいです。

それぞれの特徴や使用感をまとめてみました。

ITO(アイティーオー)クレンジングタオル
  • 大きさ20㎝×20㎝
  • 80枚入り
  • ロールになっていて、切り取る必要がある。(用途に応じて大きさを変えられる)
  • 置き場所に悩む。(吊り下げる方法もある)
  • 少し厚めな感じがするので、お風呂上りに使うことが多い。
くすりのレデイハートショップ
¥537 (2024/06/15 10:28時点 | 楽天市場調べ)
ポイッティ クレンジングタオル
  • 大きさ22㎝×18㎝
  • 60枚入り
  • サッと取り出せる。
  • さりげなく置くことができる。
  • お手軽に使えるので、朝使うことが多い。

どちらも、肌への感触がノーストレスです。

さらに違う種類を使ってみて、現在のおススメを、愛を込めて取り上げてみたのが、こちら↓の記事です。

洗顔後に顔を拭くフェイスペーパータオル(クレンジングタオル)おすすめを2つにしぼりました!
洗顔後に顔を拭くタオルを使い捨てのペーパータオル(クレンジングタオル)に換えたら鏡を見るのが楽しくなりました。そこで、試してみた商品、おすすめのクレンジングタオル、その理由を紹介してみたいと思います。

まとめ

繰り返しになりますが、布タオルにはもう戻らないつもりです。

戻れない、というのが正直な気持ちです。

(手の届かないところに置き忘れてソフトタイプのキッチンペーパーを代用したこともありますが、今はクレンジングタオルを使うのがすっかり習慣になっています)

お風呂上りの顔拭きも、クレンジングタオルを使う以外は考えられなくなりました。

何よりも、美容に気をつかっている感が、気分を上げてくれます。

そんな気分がもたらしてくれる相乗効果も、これからきっと現れてくると思っています。

コスパも考えると、最強の部類に入る美容グッズではないかと、もう、心からおすすめします!

【すぐ試せるアンチエイジング】“ぬるま水”で簡単に正しく洗顔する方法がおすすめ
洗顔は、究極の美容法と気がつき、自分にあった洗顔方法を取り入れて、マイナス5歳の美肌を目指しています。ポイントは、水(湯)の温度。体温よりも低い、いわば「ぬるま水」がオススメ。洗顔後にペーパータオル(クレンジングタオル)で拭く方法を取り入れたのも、大きな発見でした。

コメント